節約術

自動車税をクレジットカードで払う場合は手数料の罠に気をつけて!

自動車税をクレジットカードで払う場合は手数料の罠に気をつけて!

 

先日、自動車税支払いの封筒が来ていて、どんより…。

わたしはいつもコンビニで納付していたのですが、クレジットカードならポイントつくのになぁ〜と思って調べてみたら、何と使えるという情報が!

これでちょっとお得になる〜と思いきや、実はそこには大きな罠があったので、シェアしたいと思います。

 

この記事では、

  • 自動車税の支払いでクレジットカードを使う方法
  • クレジットカードで支払うときの注意点

をまとめてあります。

 

副業節約女子 へそ山
クレカが使えるからって飛びつくと損をするかも…という話ですよ〜。

 

 

自動車税の支払いでクレジットカードは使えるの?

自動車税の支払いでクレジットカードは使えるの?

 

自動車税の支払いにクレジットカードは使えます。(ただし県・市によっては一部だめな場合もあるので、あなたのお住いの地域がOKかどうか調べてくださいね。)

クレジットカードでの支払いの場合、各県・市が用意している専用の納付ページを利用するときのみ可能です。

納付書のバーコードをスマホで読み取ることで、手続きができます。

 

銀行などの金融機関や県税事務所の窓口、コンビニの店頭では、クレカでの支払いはできないので注意してくださいね。

 

自動車税をクレカで支払うときには手数料に注意!

簡単でいいな〜、しかもクレジットカードのポイントも付くからお得!

そう思ったのですが、しっかり読んでみると、手数料がかかることがわかりました。それが案外高いんです!

手数料は県・市によって違うのですが、うちの場合(名古屋)だと、下のような感じです。

自動車税をクレカで支払うときには手数料に注意!

 

わたしの車は軽自動車で自動車税は10,800円なので、決済手数料は160円です。

使っているクレジットカード(通常の楽天カード)の還元ポイントは100円で1ポイントなので、108ポイント(108円)になって、もらえるポイントよりも手数料のほうが高くなってしまいます。

 

持っているクレジットカードによってもポイント還元率が違うので、納付額とポイント数を比較してみてくださいね。

 

ちなみに、楽天カードで公共料金を支払った時のポイント還元率は、2021年6月から、

100円につき1ポイント⇒500円につき1ポイント

となって、さらに少なくなります!

 

副業節約女子 へそ山
楽天がどんどん厳しくなっていって辛いわ〜。

 

自動車税の支払いにクレカをつかうメリット

自動車税の支払いにクレカをつかうメリット

 

このように手数料が高いクレカ払いなのですが、メリットもあります。

それは、次のクレジットカードの引き落としまで猶予があるということです。

今はちょっとお金がなーい!という場合は助かるかもしれませんね!

 

スポンサーリンク



 

自動車税はクレカ以外で何がお得?

わざわざ外に出かけないで、楽に納付したいのであれば、Pay Pay、auPAY、Line Payなどがいいかなと思います。(自治体によって使えないところもあります。)

納付書のバーコードを読んで、アプリで支払いができるので簡単です。

こちらだと手数料なしの上にポイント還元もあります。

 

まとめ 自動車税の支払いは手数料をしっかりチェック!

クレジットカードはポイント還元あるから!と思って、自動車税の支払いにも利用しようといたのですが、まさかの手数料が高かった!

ちなみにこの記事は、わたしの住んでいる名古屋市の情報を基準にしています。

使える納付方法は、県や市によって違ってくるので、納付書にかいてある説明を確認してください。

ちょっとでも自動車税が安くなる方法を選んでくださいね〜!

 

スポンサーリンク



 

-節約術