へそくり塾

女性のための安全お小遣い稼ぎ&節約術!

節約術

失敗した年賀状やハガキ、使わない切手は交換してもらえる!手数料や手順を紹介

更新日:

年賀状 ハガキ

あなたは毎年年賀状を出していますか?既製品で可愛い年賀状はたくさんありますし、最近はパソコンでオリジナルのデザインを作る人も多いですよね。

でも、宛名をかいている時に間違えてしまったり、オリジナルの年賀状、を家のプリンターでうっかり逆さまに印刷してしまったりして、せっかくの年賀はがきを、数枚無駄にしてしまう…なんてことがあるはず!

 

その書き損じ年賀はがき、捨てないでください! 手数料はかかりますが、郵便局で交換してもらえるんですよ。年賀状の他に、普通のはがきも交換してもらえます。

また、使わなくなった古い切手も、使いやすい額の切手やはがきなど、郵便局で扱っているものに交換できます。

 

今回は、失敗して出せなくなた年賀状やはがき、古い切手などを、郵便局で交換してもらう方法をご紹介します。

あなたのお家にも眠っていませんか?

 

専業主婦 くり子
去年あまった年賀状があるはず…。
そのまま捨てちゃうともったいないから、まとめて交換しもらうニャ!
へそくり塾 塾長
専業主婦 くり子
お得な上に断捨離にもなりますね!

 

書き損じハガキ・古い切手を交換してもらう方法

交換してもらえるもの

わたしたちがよく使うものと言えば、はがきと切手ですよね。でもそれ以外にも、交換してもらえるものがあります。

  • 書き損じたはがき(年賀状、普通のはがき、くじ引き番号付き郵便はがき)
  • 不要になった郵便切手
  • 郵便書簡
  • 特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)

 

通常わたしたちが、はがきを一番使う時というのは、年賀状ですよね。または喪中はがきなどかもしれません。

郵便局で売っていような、料金が印刷してあったり、くじ引き番号がついたりしているはがきであれば、書き損じしてしまっても、郵便局で交換することができます。

 

また、最近はメールばかりで、切手を使う機会もへりましたが、あなたのお家に古い切手が余っていたりするんじゃないでしょうか?

これも、郵便局でもっと使うものに交換してもらえます。(何に交換してもらえるかは後述)

 

それ以外にも、郵便書簡特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)なども、書き損じ分や要らない分があれば交換してもらえます。

お家の中にそういったものがないかどうか、チェックしてみてください。

 

書き損じハガキ・古切手などは何に交換できる?

書き損じハガキ・古切手などは、もちろんハガキ→ハガキ、切手→切手という風に同じものに交換できますが、郵便局で扱っている他のものにも交換できます。

下の一覧は郵便局のサイトから引用したものです。チェックしてみてください。(急に変更される場合がありますので、交換する時は確認してくださいね。)

書き損じハガキや古切手などの交換

これらのものには交換できますが、お金での返金はしてもらえません。

もしも現金にしたい場合は、ハガキか切手に変えて、金券ショップなどで売って現金化することができます。

 

また、ハガキや切手をコンビニで買うこともあるかと思いますが、交換はコンビニではできません

お近くの郵便局に行ってくださいね。

 

交換手数料は?

交換にかかる手数料は以下です。

  • ハガキ1枚…5円
  • 切手1枚…5円
  • 郵便書簡…10円
  • レターパック…41円(レターパックの値段によって変わる)

これは、わたした近所の郵便局で聞いて確かめた値段です。

レターパックの場合、種類によって値段が変わってくるそうなので、確認してくださいね。

手数料分は現金で払わなくてもOKです。あらかじめ合計から引いてもらって、残額で交換できるものに替ええてもらえます。

 

え〜手数料がかかるのー?と思うかもしれませんね。でも、書き損じて不要になったハガキや、使わない切手、その他のものを家においておいても、不用品と同じですよね。

手数料がかかっても交換してもらったほうが、不用品の整理になりますし、金額的にもプラスになるのでおすすめですよ。

 

年賀はがきの場合、購入してから近親者に不幸があって、年賀はがきを使えなくなった時は、無料で交換をしてもらえます。

ただし、郵便局窓口の請求書に住所・氏名・亡くなられた方との続柄を書いて提出する必要があります。また、交換期限(お年玉付き郵便はがき等の販売開始日から販売期間終了日まで)がありますので注意してください。

郵便局

 

失敗したはがきを交換してもらえない場合

一つ注意があります。

ハガキや切手、郵便書簡などを交換する場合、切手が印刷してある部分が汚れていたり傷ついていたりするものは、受け取ってもらえません

切手部分が汚れていると、消印の押された使用済みと判断されてしまうことがありますので、気をつけてくださいね。

 

書き損じはがきは寄付もできる

節約にはなりませんが、書き損じはがきは寄付することができます。誰かの役に立ちたいという場合は、選択肢にいれてみてください。

送ったハガキをその団体が郵便局で切手などに替えて、協力企業などに購入してもらって現金化するという感じになります。

受け取ってくれる団体はたくさんあります。ネットで「書き損じはがき 寄付」などで検索してみてください。

 

失敗したハガキ、古切手を交換して節約しよう

わたしもさっそく去年の年賀状を作ったときの箱を調べてみた所、書き損じてしまったハガキが何枚もありました。数年前のものまであったのですが、どうやら毎年1-2枚はプリントに失敗していたようです。

捨てるだけだと思っていたこれらのハガキが新しくなるなら、絶対にお得ですね!

あなたもぜひお家でチェックして、交換してもらってくださいね。

賢く節約していきましょう!

専業主婦 くり子
中途半端な額の古い切手も溜まっているので、次に郵便局に行く時に持っていきまーす!
その調子ニャ!
へそくり塾 塾長

-節約術
-,

Copyright© へそくり塾 , 2019 All Rights Reserved.