節約術

【25%還元】マイナポイントとは?内容や利用法をチェック!

【25%還元】マイナポイントとは?(画像出典:マイナポイント)

女子代表
「マイナポイント」っていうのがお得だって聞いたんだけど、どんなものなのか知りたい!
なんと、ポイントが25%も還元されるんですよ〜!
副業節約女子 マイコ

 

2019年の消費税増税に伴い、国はキャッシュレス決済で最大5%の還元をしていますよね。でもこれも2020年6月30日で終わりました。

この後に始まる新たな還元事業が「マイナポイント」です。

売りは何と25%のポイント還元! すごいですよね。

この記事では、マイナポイントとはどういうものなのか、どうしたら25%還元してもらえるのかやり方などなどについてご紹介します。

 

 

マイナポイントとは

こちらが公式のPR動画です。

 

マイナポイントをかんたんに説明すると…

政府が行うポイント還元事業で、マイナンバーを持っている人がキャッシュレスでお買い物、またはチャージをすると、25%のポイント還元になるというものです。

これでもらえるポイントの名前が「マイナポイント」というわけですね。

マイナンバーの普及とキャッシュレス決済の促進を目的としています。

 

マイナポイントはいつから?

2020年9月〜2021年3月末まで(予定)

申し込み開始は2020年7月からの予定です。

 

マイナポイントはどれだけお得?

枚なポイントは上限5,000円まででお得!

25%分がポイント還元される

最大5,000円分までもらえる

買い物・チャージをした金額の25%分がマイナポイントとして還元されます。25%と言えば1/4ですから、かなり大きいですね!

最大5,000円分まで還元されるので、キャッシュレスで20,000円分使えば、最大に還元されることになります。

 

マイナポイントを受けるのに必要なもの

マイナンバーカード

キャッシュレス決済の手段

マイナポイント事業は、マイナンバーカードの普及を目的にしているので、マイナンバーカードを持っていることが必須条件になります。

また、キャッシュレスでの支払いが必須なので、キャッシュレス決済ができる手段(下の項参照)が必要です。

 

マイナポイント対象の決済サービスは?

マイナポイント対象のお店は、今後増えて行くと思いますので、公式サイトの一覧でチェックしてください。

クレジットカード:楽天カード、三井住友カード、りそなカード、オリコカード ほか

QRコード:楽天ペイ、ファミペイ、メルペイ、auペイ ほか

電子マネー:楽天Edy、ICOCA、nanaco、WAON ほか

プリペイドカード:ゆうちょPay、バローカード、駿河屋マイカード ほか

 

女子代表
楽天カードや楽天ペイがあるから、わたしもバッチリ使えそう!

 

スポンサーリンク

 

マイナポイントのメリット・デメリット

マイナポイントのメリット

マイナポイント事業のポイントのメリットは、もちろん25%のポイント還元です。25%と言えば1/4ですから、かなり大きいですね。

これは使わないと損ですね。

 

マイナポイントのデメリット

デメリットとしては、手続きが面倒・上限があることです。(手続きのやり方については下にあります。)

マイナンバーカードを持っていない場合は、作るのが面倒ですね。そもそもマイナンバーカード登録自体に不安を感じる場合もあるでしょう。

そして、増税後に行われている5%還元と違い、申し込みも必要なので、手間がかかります。

また、還元されるポイントは最大5,000円分と上限があります。買い物の金額にすると20,000円分なので、わざわざ手間をかけてまでやりたくないと感じるかもしれません。

 

副業節約女子 マイコ
わたしはマイナンバーカードを作ってあるので、もちろん利用します! 今後、マイナンバーカードでできることが増えていくので、作っておくのがおすすめです。

 

マイナポイントを受けるための手順

やり方を簡単にまとめるとこんな感じです。

  1. マイナンバーカードを用意する(持っていない場合は役所等で申し込む)
  2. マイナポイントの予約(マイキーID設定)
  3. マイナポイントで利用可能なキャッシュレス決済を申し込む
  4. キャッシュレス決済をしてポイントをもらう
  5. たまったポイントを利用する

 

1. マイナンバーカードを用意する

マイナンバーカードは持っていますか?マイナポイントの制度を利用するには、マイナンバーカードが必要です。

まだ持っていない場合は、作ってくださいね。作る方法は以下の4つです。

  • スマートフォンで申請
  • パソコンで申請
  • まちなかの証明用写真機で申請
  • 郵便で申請

詳しいやり方は、マイナンバーカード総合サイトでチェックしてください。

 

2. マイナポイントの予約(マイキーID設定)

マイナポイントは、まず予約をして「マイキーID」を取得する必要があります。

マイキーIDは、マイナポイント関連で、本人認証のために必要になるものです。利用するキャッシュレスサービスを登録したり、何か疑問があったりする時も、すべてマイキーIDを利用します。

 

マイナポイントで利用可能なキャッシュレス決済を申し込む

マイナポイントがもらえるキャッシュレス決済サービスを選んで申込みをします。上でも紹介しましたがいろいろとあり、どんどん増えています。

あなたが使いやすいキャッシュレス決済がきっとあるはず! 

 

キャッシュレス決済をしてポイントをもらう

買い物でポイントがもらえるのは、2020年9月からです。

登録したキャッシュレス決済をつかうことで、25%、最大20,000円のポイントが還元されます。

 

たまったポイントを利用する

貯まったポイントを使うだけ!

買い物で「マイナポイントが付与される」と表現されたりしますが、これは何か特別なポイントというわけではなく、マイナポイント事業で還元されたポイントの総称です。

ポイント自体は、あなたが選んだキャッシュレス決済サービスが付与してくれるポイントです。

たとえば、マイナポイントのキャッシュレス決済サービスとして、楽天カードを選んだ場合は、もらえるマイナポイント=楽天ポイントのことです。

 

下の図は、公式サイトからの引用です。今は他の説明方法になっていますが、わかりやすいので載せておきます。

マイナポイントを受けるための手順

 

まとめ

新しいポイント還元事業である「マイナポイント」。25%のポイント還元はお得ですね。わたしもさっそく申し込みましたよ〜!

最大4,000万人ということなので、マイナポイントがほしいな〜と思うのであれば、早めに予約するといいですね。

上手に利用してお得に節約していきましょう!

 

マイナポイント公式サイト

 

スポンサーリンク

 

-節約術

© 2020 へそくり塾